女性活躍推進法取り組みへの行動計画 | 出前専門 札幌海鮮丸


女性活躍推進法にともなう当社の取り組みについて

現況

札幌海鮮丸では、社会の中で女性が活躍することができる場をさらに広げていくために、中長期に渡る計画を立てて進めております。
女性が働く場面において十分に力を発揮できるようにするため、まず各職種・雇用区分における男女比より明らかになった女性の割合が少ない職種、雇用区分において、女性の割合を高めるところから始め、次に活躍という点においてどのような働き方が活躍になるか女性および企業の両面から考慮し活躍という意味合いで従業員満足度を向上させるべく下記5年に渡る行動計画を策定します。

(平成28年2月末時点)

※PA:パートタイマーを指す

株式会社札幌海鮮丸 行動計画

以下、計画期間と計画内容となります。

<行動計画>

■1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間

■2.内容

【目標】平成33年3月31日までに、女性社員の採用を新たに10名実現する。

平成28年4月
社内への職種別、雇用区分別の女性の人数・割合を通知し、女性の人数・割合が少ないことにより女性に特化した募集、あるいは女性を含むことを強調した募集をかける。

仕事内容をより具体的に紹介し、女性の応募がすすむように工夫した内容を表示する

同時にパートタイマーの女性に対して、社員登用をおこなっていることを告知する。
平成28年10月
応募状況に応じて仕事内容紹介の内容の見直しをはかる。
採用があった場合、採用から1ヶ月経過したのちアンケート実施し将来に関して勤務の継続や店長を目指す意思、職場環境の感想など確認。
既存の女性パートタイマーの応募状況にあわせ社内告知を改めて実施する。
平成29年4月
応募状況に応じて仕事内容紹介の内容の見直しをはかる。
採用があった場合、採用から1ヶ月経過したのちアンケート実施し将来に関して勤務の継続や店長を目指す意思、職場環境の感想などを確認。
既存の女性パートタイマーの応募状況にあわせ社内告知を改めて実施する。

以降半年ごとに繰り返し実施をはかるものとする。
(応募が認められない場合、応募に有効と思われる社内の福利厚生面での改革を検討する。)
平成29年10月
上記の女性正社員を増やすことと並行し、女性の活躍を一つには管理職登用、一つには現在の地位で本人が活躍して満足しているという認識をもっている場合は、現在の地位で活躍している状態という定義を女性の意識および会社が認める実績の両面から確定させ、それを活躍の定義に加え、管理職登用とともに活躍という内容に加え実現のための施策を検討し実行する。
後者については平成30年10月までに管理職登用以外の活躍の定義の確定をはかる。
平成30年10月
数値目標の見直しをはかるかどうかの検討を行う。

平成33年3月末までPDCAサイクルで以上を継続する。